厳寒 美ヶ原高原

ネットで目にした冬の高ボッチ高原からの写真に心を打たれ
風景写真は冬の早朝に限るんじゃないか、という持論の検証に出かけた。

ただ、高ボッチは接続道路が冬季閉鎖で容易には行くことができないため
シチュエーションが似ている美ヶ原にターゲットを定める。

夜明け前に到着した山本小屋では、夜明けと共に吹雪となった。
美しの塔まで歩こうと準備をしようとしたらカメラを忘れたことに気づいた。
泣きっ面に蜂だ。

それにしても、吹雪っていうものを完全に舐めていた。
これは油断すると即、死に繋がる。危ない、本当に危ない。

美しの塔まで到達せず、諦めて引き返したのは正解。

行きはレンタカーだったが、帰りはスーパーあずさでとんぼ返り。
そう、帰りの下り道でスピンして壁面にバンパーをぶつけ返却せざるを得なくなったのだ。

ほんと散々だったけど、思い返せば思い出にはなったかな。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする